忍者ブログ
Admin / Write / Res
雑な人間の戯言
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [546]  [545]  [544]  [543
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




14日のNHK日韓討論番組

「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」は、

NHKにしては突っ込んだ番組でした。


日本韓国の若者がスタジオで自由に討論するという企画で

著名人ゲストのなかに、映画監督の崔洋一氏

京都大学院准教授NHK教育ハングル講座講師の小倉紀蔵氏らがいました


歴史観の異なる双方の若者が

まあ、それなりの過激な発言をすると

司会のNHKアナが慌てふためいてフォローするという

図式が笑えたのですが・・・


そのなかで、日本の若者が

「当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。

当時、世界は帝国主義列強の時代であり、

植民地支配はあたり前だった。

日本が韓国を併合したことはやむを得なかった」

と発言したところ

「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。

国そのものがそうなっていた。

だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって

肯定されるという考え方(を持つ人)は、

基本的に歴史を語る資格がない」と

崔洋一監督が強い口調で反論しました


いや、反論と言うよりも恫喝のようでしたが・・・


自分が思う崔監督のイメージは

リベラルな感覚を持ち合わせた人だったのですが

崔監督の公式の場での発言や行動を調べてみると

真逆の人でありました・・・


番組の中盤、慌てたNHKアナが参加者に意見を求めたところ

小倉紀蔵氏が

「歴史問題というのは、権力者が『あなたの考えは完全に間違

い』と言詮封鎖してはいけない」

と反論というか正論を述べたところ

崔監督は

「私は権力者じゃない」

と苦しまぎれに否定してましたが・・・


確かに崔監督は国を治めるような権力者ではないけれど(笑

映画監督協会の理事であり

メディアに、にらみをきかせる立場にあることから

権力者といえるでしょうね



あの番組の中で、堂々と自分の考えを述べた若者と

崔監督の恫喝に屈せず

正論を述べた小倉紀蔵氏のおかげで

偏らない公正な番組になったと私は思います。



それにしてもエンディング場面で

参加者に無理やり拍手させようとする

NHKアナの演出にドン引きしました(笑





拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
(04/30)
最新記事
最新TB
(06/10)
(05/03)
(04/23)
(04/15)
プロフィール
HN:
魔王
年齢:
117
性別:
男性
誕生日:
1900/04/01
自己紹介:
超自己満足ブログ
なりふり構わず
技量、器量、考えず
試行錯誤せず
日々成長せず

されど、一期一会
来る者は拒まず去る者は追わず、、、
さよならだけが人生さ

よろしければ、冷やかしておくんなせえ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者アド
アクセス解析
アクセス解析
お天気情報
Copyright ©   「ZAK感」 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]